GX1の後継 LUMIX DMC-GX7 + G 20mm F1.7 II が発表されました!

私が現在しようしているGX1の後継が出たようです!レンズキットはG20mmf1.7通称「神レンズ」の新型が付属しているようで、最強の組み合わせだと思います。このレンズは素晴らしいチョイス。マイクロフォーサーズの性能を最大限まで引き出してくれます。

 

さて、気になる変更点ですが、

画素数は1600万画素のマイクロフォーサーズと、GX1とは変わらないものの、センサーがさらに良いものとなり、高精細を望めるそうです。高感度にも強いと。

世界最高の高精細らしい、 276万ドットの チルト可動式LVFとタッチパネルモニターが搭載。

今までの固定式に比べ、撮影がしやすくなりますね。LVFも魅力的。

外装はマグネシウム合金。大変高級感があります。

 

以下変更点を箇条書きに。

・シャッタースピードの最大値が1/4000から1/8000に倍増

・AVCHD 60i(センサー出力30fps)→→ AVCHD 60p(センサー出力60fps)、MP4

・3型約46万ドット 感圧式タッチ→→3型約104万ドット 静電式タッチ

感圧式は液晶に触れた時の圧力で認識するものです。静電式は人間の静電気で認識(スマホと同じ)そのため操作性が一気に向上。これは個人的に魅力です。

・Wi-Fi、NFCの無線機能搭載。

無線機能が付くことで、パソコンとのデータの共有が楽になります。

・約300グラム→約400グラム

これは個人的にマイナス。自転車乗りですから、100グラムは大きいかなと。

・ISO160~ISO12800→→ISO125~ISO25600

・撮像素子シフト式の手ぶれ補正機構を内蔵し、すべてのレンズで手ぶれ補正が効くようになった。

 

GX1を底値で買った私ですが、非常に魅力的です。大幅な強化が施されていますね。GX1とは比べ物にならないからGX2ではなくGX7と数字が飛んだのでしょう。なによりきっとレンズが20mmf1.7というのが素晴らしい。このサイズのカメラだと、センサーサイズを無理して大きくすると、何かしら重要な機能が省かれたりします。たとえばAF速度だとか…EOS Mがまさにそれです。それをあえてマイクロフォーサーズサイズで我慢してこのレンズを使う。よく考えています。このレンズならEOS Mをしのぎます。まして新型ですから期待ですね。

公式ページはこちら。

お値段は10万円前後するらしいです。ちょっと手は届かないかな。GX7がまた底値になったら手を出してみようかしら:-( 現状GX1で十分ですし。
ブログ発展のために応援クリックおねがいします(__)

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。