十勝ブルベ200に参戦!がんばって初ブルベ完走しました

5月5日に開催された十勝ブルベ200に参戦しました。

11183458_744834512299346_343055629714901928_n
公式の説明文を引用します。

「2006年4月に「北の地獄」と言われ、積雪で中止となったいわくつきのコースです。ばんえい競馬・豚丼・六花亭などで有名な帯広を出発し、十勝平野を一周します。
前半は十勝川を河口に向かって下り、中盤は静かな丘陵地帯、後半は北海道の背骨と例えられる雄大な日高山脈のパノラマを見ながらの走行となります。初心者向きで起伏も多くはないですが、天候によっては気温が0度近くなる可能性があり、その点だけは油断禁物です。
AJ北海道伝統の200kmをお楽しみ下さい。」

 

「北の地獄」というので、どれだけ辛いコースなのかと危惧していましたが、ほとんどが平坦でコースとしては非常にラク、(逆に物足りない感じ)でした。

ブルベ当日のコンディション

前々日までは雨の予報でどうしようかと思っていました。雨の中の200kmは辛いので、辞退する予定でいましたが、当日になって大変よく晴れてくれたため、快適なライドとなりました。(強風と空中を舞う土埃以外は。)

スタート地点の様子です。
このとき、1台ずつ車検を受けます。(前後ライト、ベルなどついているか?)

前日はサッポロへ日帰りで遊びに行ってました。(車を運転しました)
朝6時出発、帰宅が深夜1時。寝たのが2時くらいで、起床が4時30分ぐらい。ブルベ前日、2時間半程度しか寝ていなかったことになります。

そのため天気だけは良くて、体調は必ずしも良いとは言えませんでした。初めてと言うこともあり、スタート地点で本当に完走できるのかという不安で悩まされました。
そんなことよりもまず、朝起きられたことが奇跡です。笑

今回のブルベ、仲間と走る予定はなかったため、孤独な闘いとなりました・・・。
今回は走るのに必死であまり写真は撮れませんでした。ご了承ください。

Anchor RL8 十勝ブルベ200 会場の様子

 

最初のPC(セイコーマート)で補給

ブルベはいくつかのPC、(チェックポイントのようなもの)があります。そこで買い物をし、もらったレシートの時間が通過した時刻の証拠となるシステムです。レシートをなくしたら完走したことになりません。

十勝ブルベ200豊頃PC 豊頃PCで補給

200kmという距離は初めてですが、170km程度なら走ったことがあるため、長距離は補給が大事であることを経験で知っています。しっかり食べました。(食べたつもりです)
空腹を感じる前に食べる、空腹を感じてからでは遅い!ということを忘れずに。(おにぎり1個では足りず、このあと大変でした・・・笑。)

ここのPCから次のPCまでの距離が80kmほどあり、その間補給できる場所はないため、ここでしっかり補給食を買っておく必要がありました、でも買ったのはおにぎりと水だけ・・・
辛かったです。

IMG_0055 IMG_0056

知らない人の自転車を撮るのが好きです。

十勝ブルベ200広尾町

最初はとても快適でした。追い風なので、漕がなくてもずっと進んでくれる、まるでモーターがついている感覚。あまりにラクなので、200kmは余裕だと感じたほどです。

しかしだんだん追い風が向かい風になり、辛くなりました。
広尾までの長い距離、苦労しながら独りで頑張りました。寝不足と言うこともあり、途中から力が入らなくなりました。

広尾着!遠かった・・・

帯広から広尾まで120km。とても長く感じました。お腹も空いて、ハンガーノック寸前。補給が足りませんでした。

広尾町とRL8

セイコーマートほっとシェフのカツ丼とティラミス。食べた感じがしませんでした。カツ丼、もう一杯食べられそうでした。(カロリーメイトで我慢)
それにしても、長い距離を走ったあとの食事はとってもおいしいです!これも自転車の楽しみ。

十勝ブルベ200カツ丼 IMG_0061

広尾から帯広までが地獄だった・・・

このあとはとにかく強烈な向かい風との戦い。途中、畑の土が強風によって空中を舞い、マシンガンのように顔面を襲ってきました。
風が強くて前にはなかなか進まないし、大量に土埃が目に侵入してきて大変でした。
気づいたら顔は土のせいで真っ黒。自転車は汚れ、ボトルも土まみれで口をつけたくない。ひどい状況でした。

最後のPCで・・・

孤独な戦いをしている中、知り合いが応援にかけつけてくれるほどうれしいことはありません。Kさんの「おにぎりダンス」でラストスパート、元気が出ました!

おにぎりダンス

 

初ブルベ完走!した感想

寝不足で、前日の疲れが残っている中、本当に感想できるのかと不安でしたが、スタート地点で「絶対に何があっても完走してやる!」と覚悟を決めていたので、
無事に完走できました。気を強く持てばどんな困難も乗り越えられるのです!

初のブルベは孤独な闘いでした。少しだけ知らない人と雑談する程度はありますが、ワイワイ話すまではいきません。この距離は疲れます。途中で何度も脚が止まりそうになりました。睡眠と補給さえしっかりしていれば、もっとタイムを縮められたはず・・・(タイムは10時間40分ぐらいでした。)

でも、事故やパンクはなく、無事に完走できたので良かったです、今年はイベントに積極的に参加するつもりです。

まだこのロードバイク(ブリジストン Anchor RL8 ELITE)を購入してから1年経っていませんが、さすがロングライド向きだけあって、非常に快適な乗り心地でした。
眠気と体力的な面で辛い思いはしましたが、特別体や脚が痛くなることはありませんでした。アルテグラフルコンポも実に快適。本当に長距離では良いバイクです。
このあと、お腹にくる風邪を引いて、1週間ぐらい熱を出していたのは秘密です。|・ω・`)コッショリ

 

 

初ブルベで準備したもの

200kmはブルベの中でも距離としては短い。それでも必要最低限の装備は必要です。初ブルベですので当然持っていなかったものもあったため、急遽購入しました。

購入した物・・・

前から欲しかったCO2ボンベ。

TNI(ティーエヌアイ) CO2 ボンベセットです。
携帯ポンプだとパンクしたときにすぐに空気を入れられない。疲れながら何度もポンピングしてやっと入る感じ。
CO2ボンベなら一瞬でタイヤが膨らむため、パンクしたときにすぐに復帰できる。
TNI CO2


このブリジストンの軽量チューブはおすすめです。薄いけれどしっかりしています。重量もかなり軽い。67gしかありません。(普通のチューブは100gを超えます)

反射ベスト

正直ダサイと思います。ブルベで義務づけられているので、着用しなければなりません。
夜のみ着ければ良いかなと思いました・・・。

 

TOPEAKの サドルバッグ

サドルバッグは使わない方針(すべてリュックに入れる)でいたのですが、(見た目がスマートじゃないため)長距離を走るときはできる限りリュックを軽くし、肩への負担を減らしたかったので買ってしまいました。サドルバッグがあるだけでリュックが軽量化され、かなりラクになりました。長距離になると荷物も必然的に増えるので、自分のくだらない方針に関係なく、こうしたグッズはどうしても必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。