DMC-GX1 型落ちなのにバランスのとれたミラーレス!

軽量かつ安価なので自転車用に使っております。型落ちにもかかわらず、画質がよく、大変バランスのとれたカメラです。

DSC_0039

Panasonic DMC-GX1 ミラーレス一眼レフ レビュー

私の使用しているPanasonic DMC-GX1のレビューを簡単にいたします。満足度の高いカメラです。

GX1の紹介

画像を交えて紹介します。

Panasonic DMC-GX1

現在では型落ち品となっており、価格は底値。

後継機のGX7も出ていますが、ミラーレスとして買うにはちょっと高い。今なら底値で買えるGX1がおすすめです。

Panasonic GX1 価格の推移

価格もご覧のとおり発売当時から61.1%も下がっています。今なら買いです。古い機種といえど、元々の性能が非常に高いのでまだまだ活躍してくれます。(しかし生産終了らしいのでじきなくなるでしょう)

GX1の基本スペック

1600万画素 Live MOSセンサー、ヴィーナスエンジンが実現する 写真・動画の画質向上(高感度 ISO12800)

一瞬を逃さない「高速 約0.09秒AF※1」 高速レスポンス撮影

クリエイティブな撮影をアシストする、充実のサポート機能 水準器表示/4つのFnボタン/タッチ操作

詳細はメーカーHPを御覧ください。

 

GX1の外観

SONYのXperia ULで撮影した写真です。画質は頼りないですが…

DSC_0039

ダイヤルは金属製。高級感があります。

DSC_0048

iAというのは簡単に言うとおまかせモード。カメラが自動的に設定を変えてくれます。私はあまり使いません。Aモードばかり使用しています。

DSC_0052

底面。

DSC_0058

フード付きのG20mmF1.7(←レビュー記事)を装着したGX1

DSC_0049

OPENを押すとフラッシュが出ます。フラッシュが搭載されていない機種もあるので、便利です。

 

DSC_0051

画面はこんなかんじです。解像度は高くありません。コレは最新機種に劣りますね。画面上でもわかるかと思いますが、このG20mmf1.7のレンズは、よくボケます。

ミラーレスの画質について

2年前の型落ち品ですが、十分最新機種に健闘している性能です。むしろとても綺麗です。

マイクロフォーサーズならではのレンズのラインナップ、小型化はサイクリストにとって欠かせないポイントではないでしょうか。下の方に作例も載せておきますので、是非クリックして拡大表示してみてください。このサイズのカメラとして非常に綺麗なのがおわかりいただけるでしょう。G20mmf1.7のレンズと組み合わせると素晴らしい描写力を得られます。マイクロフォーサーズを普及させたのはこのレンズというぐらい良いレンズ。

普通はこれだけの明るい単焦点レンズとなると、レンズは巨大化します。かばんのなかに入れようものならかさばって邪魔くさい。そして重たい。この小型化の実現は素晴らしいです。是非レビュー記事を御覧ください。

Panasonicの神レンズ LUMIX G 20mm f1.7がやってきた! これはすごい!

GX1のレンズについて

Lumix G14-42

レンズキット付属の、14-42mmのレンズも持っています。普段は20mmf1.7の明るいレンズを使っていますが、このレンズは超広角なので、時々景色などで使っています。
また、電動ズームなので動画との相性がよく、AFもすこぶる早いので快適です。室内ではF値が3.5なので、あまり使えませんが、屋外なら十分使えるレンズかなと。ペットなども屋外であればAFが早いのでいい感じに撮れます。見た目も20mmF1.7より良いですし。

20mmF1.7については別の記事ですでにレビューをしているので、以下をご確認ください。

Panasonicの神レンズ LUMIX G 20mm f1.7がやってきた! これはすごい!

 

中華バッテリーについて

バッテリーの持ちはあまり良くありません。なので、予備バッテリーが必要です。P1040027

Amazonでなんと2個セット1300円ほどで購入できたバッテリー。純正のバッテリーだと5000円ぐらいしますから、かなりお得。しかもエコモードが使え、持ちも純正とほとんど変らない。怪しい感じですが、かなりいい品物。

 

P1030445P1030138 P1030021 P1010462 P1010447

自転車に乗りながらでも手頃なサイズなので、重さを気にすること無く楽しめるカメラです!!特に自転車乗りには大変おすすめでございます。G20mmのレンズをつけると、上の写真のようにボケも楽しめますし、とにかく万能です。いい買い物でした。

 

中井精也さんのおすすめの書籍を

絞りという言葉すら知らなかった私が何を使ってカメラを勉強したか。すべて中井精也さんの書籍のおかげです。

P1020195

この本のDVDが初心者にもわかりやすい内容。実際にプロカメラマンの中井さんが外に出て撮影をしてくれるので、どんな撮り方をすればいいのかイメージがつきやすいです。

 

GX1本体の説明書としてはこれが一番まとまっていてわかりやすいかと。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。