AdidasAdizero mana7 軽量なのに高機能!半年使用レビュー

去年の12月に購入したランニングシューズの紹介です。ランニングもちょうどこのシューズを買ってから本格的に始めました。
遅くなりましたが、8ヶ月間使ってみての感想を書きます。サイクリストなのでそんなに多くは走っておりませんが、積算で300kmほど走りました。

Adidas Adizero mana7

ハードな走りに応えるハードな耐久性と安定性

1km4分ペースで走るランナーに向けたレース&スピードトレーニングモデル」

 

以下の画像たちはすべてクリックで別タブ拡大します。

mana7の外観

デザインは赤。かっこいいですね。赤と黒の組み合わせが絶妙です。

P1010233

 P1010232

P1010235

mana7の耐久性

このシューズの特筆すべきところはその耐久性でございます。300kmほど走ったのに、ソールの減りがほとんどありません。購入当時とほぼ同じ状態を保っております。

CIMG7978-f6327

 ↑↑こちらは新品時のソール。

P1010237

P1010236

 ちょっと汚れていますが、ご覧の通り、減りがありません。ブツブツとしているのですぐに減るのかな?と思っていたのですが。びっくりしています。

mana7のソールについて

初代Adizero Japanの技術を踏襲。上のオレンジ色のブツブツが地面をつかみ、優れたグリップ性能をたたき出しています。実際に走っても、地面に食いつく感覚がよくわかります。そして、耐久性は天下一品。300kmはしっても減る気配すらありません。ソールは固めです。

衝撃吸収性についても、大変優れています。この軽さでこのクッション性は最高レベルなのではないかと。わずか200gしかないのに、よくここまでのクッション性を確保できたなと。しかし、これからランニングを始めようとしている方は注意が必要です。初心者の方にはクッション性が足りないかもしれません。私などもこのシューズから始めて膝を痛めました。最初の頃だけ。最初は初心者用の分厚いクッションのついたシューズをおすすめします。あくまでこのシューズは中級者以上を対象に設計されています。

P1010238

mana7の重量

210gです。軽いので、レースエントリーに向いているのではないでしょうか。バリバリのレーサーでしたら、ちょっと物足りないかもしれません。

 

通気性

全体的にメッシュになっており、蒸れにくいです。素晴らしい履き心地。

その他の機能

箇条書きで。

  • マイクロフィット:日本人の足に高精度でフィットするテクノロジー
  • アディプレーン:衝撃吸収材を入れることにより、ヒールを衝撃から守り着地安定性を向上
  • トーションシステム:中足部のねじれをコントロールし、足の安定性を向上
  • アディウェア:優れた耐摩耗性でソールの寿命と機能を長持ちさせてくれるラバー素材
  • 2ndデンシティ:中足部に足のねじれすぎを防止するセカンドデンシティ採用
  • 合成繊維/合成樹脂製ミッドソール(モールデッドEVA)/ゴム底

 

mana7を8ヶ月使ってみて

8ヶ月間使ってみて、特にこれといった不満は感じません。全くソールが減りませんし、軽く、衝撃吸収性に優れるので疲れにくい。ランのモチベーションが上がります。デザインも細かいところまで気を配られていてかっこいい。ソールのぶつぶつも安定性・クッション性・反発性・グリップ性能に大きく貢献しているのもわかります。大変出来の良いシューズ。アディダスの本気が窺えます。おすすめのシューズです(^^)/


ブログ発展のために応援クリックおねがいします(__)

人気ブログランキングへ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。