突然のパンクとクレアチンの爆発的効果について

P1010301今日初めて通学途中にパンクしました。後輪がいきなりグラグラとするから何事?とよく見たらパンクしていました。何が原因か調べてみると、ホッチキスの針が豪快にグサリと。これはどんなに耐パンク性能のあるタイヤでも防げなかったでしょうね・・・。道路にホッチキスの針が落ちているというのもなかなか素晴らしいですが。

幸い、私は常にチューブ、パッチ、タイヤレバー、携帯ポンプ、ガソリンスタンドで入れられるようにと仏式バルブ→米式バルブ変換アダプタ等の修理キットを常備していますから、初めてにしてはかなり落ち着いて対処できました。おまけにちょうど横に空き地があったので不幸中の幸い。作業もしやすく、10分ほどでばっちり走れる状態に。携帯ポンプで応急としてちょっとだけ空気を入れ、後はゆっくり走行でガソリンスタンドへ行きエアーを入れるだけ。携帯ポンプで必要空気圧を入れるとなるとかなり苦労しますからね・・・。

P1010789

常に持ち歩いているツールです。これだけあれば十分ですね。

遠くまで出かけてパンクした、修理キットもない!となるとかなり焦るでしょうけど、備えあれば憂いなしです。学校は遅刻しましたが・・・w

変換アダプタ?なんぞやと思った方、上のリンクを確認して下さい。あると意外に便利ですよ!

 

次にクレアチンの紹介。これは粉末状のサプリメントなのですが、これほど確実・抜群の効果のあるサプリメントは他にないと言っても過言ではありません。ローディング期とメンテナンス期という二種類の飲み方をするのが有名ですが、最初の7日間のローディング期を終えたあたりから全身の筋肉が漲ります。爆発的エネルギーの放出がその時点で始まっているわけです。アスリートの世界ではクレアチンを飲むのは当たり前で、これなしでは考えられないと言うほど。瞬発力・筋力は確実に30%は伸びます(個人差はありますが)正直私も服用する前は半信半疑どころか信じてさえいなかったのですが、飲んでみてびっくりですね。

P1010787

http://www.dnszone.jp/article.php?art_no=360

DNSのHPです。クレアチンについて書かれております。

 

まず自転車を本気漕ぎしたときの最高速度が5kmほど伸びました。時速45kmがせいぜい限界だったのが50kmが余裕になったり。筋トレに関しても、全く上がらなかった12kgのダンベルも上がったり、効果は非常によくわかります。筋トレをそれだけできるようになるということは、筋肉をよりいっそういじめることができ、筋トレ効果をさらに高めることができるわけです。

飲んでも体感できない、というひとは、もう一度自分の飲み方を見直してみる必要があるのではないかと。私は以下の点に注意して飲んでいます。

・カフェイン摂取後は控える。

・酸っぱい物と一緒に摂らない

・糖質と一緒に摂る(食後)

・数回に分けて飲む。

・お湯を沸かした後、コップに注いでその後レンジに30秒ほどかける。

 

上記5点さえ意識すれば、まず間違った飲み方にはならないはずです。

まず1、2つ目のカフェインと酸っぱい物。これはクレアチンと非常に相性が悪く、変質させるらしいので、避けるべきです。

3つめの糖質。原理を書けば、「クレアチンは「インスリン」というホルモンによって血中から筋肉中に運ばれる。インスリンを分泌させるためにはブドウ糖の摂取が効果的となる。」HPからの引用ですが、とにかく甘い物と摂ると非常に吸収に役立つらしいです。食後でもOK。

4つめ。数回に分けて飲むのは、体質によっておなかが緩くなったりするため。あとは、一度に吸収させるより、分けた方が効率も良いみたい。

5つめは面倒くさいのですが重要です。クレアチンは非常に溶けにくい。HPには”常温の水で”と書かれていましたがあれは嘘。どんなに頑張っても常温では溶けません。クレアチンが溶けるのは、完全に沸騰した状態のお湯、つまり100度でなければ溶けないのです。お湯を沸かして沸騰した状態のお湯をコップに注いだ時点で、温度は下がります。そこで、コップに注いでから、レンジに30秒ほどかけることによって100度に復活させるわけです。この状態でクレアチンを入れれば確実に溶けます。お試しください。溶かすことによって吸収も劇的に早まりますので、おすすめです。

クレアチンを摂る上での注意点。

最低でも1日に2リットルの水分補給はぜったいにしてください。肉離れしますし、クレアチンの効果が現れません。私は欠かすことなく2リットル以上飲んでいます。つねにでかいペットボトルを持ち歩いて(笑)

最後に副作用についてです。

クレアチンは完全に天然の成分であります。魚や肉に微量含まれているタンパク質の一種で、決して人工のサプリメントではありません。これと言った副作用がないのが特徴で、おなかがゆるくなったりすることはありますが(数回に分けて飲めば大丈夫でしょう)、効果の割に疑わしいほど安全です。とにかく、私たちサイクリストだとか、日々筋トレをしている人たちにとっては非常に活躍するサプリメントであります。プロテインだとか他のサプリメントはなくなったとしても別に大した支障はありませんが、これだけはパフォーマンスに影響するので必須ですね。飲んだことのない方は是非試していただきたいと思います。

2 件のコメント

  • ロードを購入した際、私も変換アダプタ購入しました。でも、一般のポンプでロードのタイヤの空気圧を維持するのはなかなか難しく、結局、空気圧メーター付きのポンプを購入してしまいました(笑)。(^ ^ヾ
    でも、ロードの説明書にもポンプの説明書にも空気の入れ方なんて初歩的なことが書いてあるわけもなく、最初は全然空気が入っていかずに当惑しました(爆)。(^ ^ヾ

  • kyaoさん
    高圧タイヤですから、普通の空気入れでは入れられませんよね。それに、空気が抜けやすい上に、適正空気圧を維持しなければリム打ちによるパンクリスクが高まりますから、一番よく使うツールは空気入れかもしれません。空気入れごとき・・・と思われるかもしれませんが、それなりの物を購入しておく必要がありますよね。空気圧メーター付きのポンプ、とても良い買い物だと思いますよ(^^)
    >全然空気が入っていかずに当惑
    そうなんですよね。初めての人にとったら仏式バルブがとてもめずらしいものに見えます。私も初めて見たときはなんじゃこりゃ!と驚きました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。