山本幸平選手とMTBの練習をしました!貴重な体験でした。

チームのメンバーと山本幸平選手とMTB練習会に行ってきました。

マウンテンバイクを購入して1周間も経たぬうちにトッププロと練習だなんて夢のようです(笑)

家から集合場所まで11kmほどあり、そこから40kmぐらいの距離を走りました。合計で64km。山本選手の走りを見ていると、やはりすごいなぁと。無駄のないペダリング。余裕のある走り。スパイクなしのブロックタイヤで雪道を躊躇なく進む姿。さすがだなぁと思いました。

今日はスパイクタイヤをわざわざ外して、普通のブロックタイヤで参加しました。スパイクじゃなくてよかったですwこの速さでスパイクタイヤだったら重たくて確実に置いて行かれました。ついていける速さではなかったです。走りがスパイクよりも圧倒的に軽いので、かろうじて最後まで走れた感じです。山の中の雪のあるところでは何回か滑って転びそうになりましたが…

前半は高速で舗装路を走り、そこから十勝が丘展望台まで上りました。展望台に到着する時点で疲れ果てました(^_^;)展望台からは山道。アップダウンのある道でクタクタです。高強度で心拍数はマックス。始終息切れ…しかしどっこい、山本選手は朝飯前の表情で汗さえかかない様子wこの程度の練習なら全然キツくないのだそうで。私は動けないぐらい疲れ果てましたが…

P1040342 P1040344

プロの走りを間近で見るどころか、一緒に乗れるなんて本当に良い経験でした。今日の山は澄んでいて、すごく綺麗でした。写真のセンスがないので綺麗には撮れませんでしたが、疲れを吹っ飛ばす絶景。

やはりMTBは楽しいですね。悪路を走ること自体、ロードではありえないことなので、それが新鮮ですごく楽しい。そして、ダウンヒルでの油圧ディスクブレーキの安定性には脱帽です。ロードの効かないテクトロブレーキがバカバカしくなるぐらい理想的なブレーキなのでは?と。ロードバイクでの油圧ディスクの採用はアリだと思います。

帰りの札内から音更までの11kmの距離がとても長く感じました。疲れてクタクタの中、必死で帰りました。まだまだ練習不足です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。